業界標準の名機やアナログ機材による高音質で味わいある音源制作 格安料金で初めての方にも安心なレコーディングスタジオ  東京都世田谷区 小田急線「千歳船橋」駅
世田谷・小田急線「千歳船橋」駅のレコーディングスタジオ
 
HOME ≫
 
レコーディングスタジオについて
スターウッズ・レコーディングスタジオは、ミュージシャンやエンジニアが所有する様な小規模スタジオですが、ボーカル録音を始め様々な楽器、ドラムのマルチ録音も行うことができます。また「スタジオ固有のサウンド」を追究するため、昔ながらのアナログ機材(ミキサー・MTR・アウトボード)を中心とした機材環境で音質面と料金のバランスにも優れ、プライベートスタジオ感覚で音源制作を行うことができます。
レコーディングスタジオ
ボーカルレコーディング
アナログ機材
 
当スタジオではレコーディングミックスダウンマスタリングの全工程、及び各工程のみの受注を承っており、レコーディングが初めての方からリピーターのお客様まで、これまで15年近くに渡り多くの制作を行ってきました。また、若い人への活躍と成長の期待を込めた「オーディション用音源制作プラン」も人気があります。
最後に、レコーディングが初めての方や慣れていない方には打ち合わせの段階からしっかりサポートしますのでご安心ください。また、スタジオ内の見学、ドラムやアンプのサウンドチェック、サンプル音源の試聴等もできますので気軽にお申し付けください。
[スタジオ名の由来と理念]
このスタジオの名はかつてハリウッドに存在したクラブハウス「STAR WOOD CLUB」が所以です。まだデビュー前のVAN HALEN (※私の大好きなバンド)がこのステージで演奏していると、KISSのジーン・シモンズ連れ添いのもとワーナーブラザーズの社長とプロデューサーのテッド・テンプルマンが現れ24時間以内の契約を迫りました。そしてバンドはその場で即契約を交わしたそうです。これはまだ、現代の音楽業界のようにショービジネス的要素が色濃くない時代のアーティストとレコード会社の逸話ですが、私たちもレコーディング(音源制作)やボイストレーニング及びギター教室の場を通じてこのようなシーンを再現できるよう、音楽「=楽曲」と偽りなく向かい合い、アーティストのあるべき姿を追い求めていこうと考えています。
What's New
 
2017.03.23
レコーディング機材に Roland SDE-2500 を導入しました。
 
2017.02.02
マスターレコーダーに KORG MR-2000S を導入しました。
 
2017.01.25
レコーディング機材に Rupert Neve Designs Portico 5042 を導入。
 
2016.10.22
スタジオ機材に Marshall JCM800 1987 を導入しました。
 
 
2016.05.22
マスタリング機材に tc electronic Finalizer Express を導入しました。
 
2015.07.03
レコーディング機材に AMEK 9098CL を導入しました。
 
2015.06.20
レコーディング機材に Empirical Labs Lil FrEQ を導入しました。